審美歯科・矯正歯科

審美歯科

矯正歯科

新大手町ビル歯科医院の審美歯科

より美しい口元になるために

より美しい口元になるために

「笑うと銀歯が見えてしまうのが気になる」「歯の色が目立つ」「歯並びの悪さがコンプレックス」

口元にこのようなお悩みを抱えている方は意外と大勢いらっしゃいます。白く美しい歯は笑顔をいっそう魅力的にし、周囲に好印象を与えます。また、歯の色や歯並びを美しく整えると精神面でもよい影響があらわれ、表情も明るくなります。審美歯科の口元ケアで、あなたも笑顔に自信を取り戻してみませんか?

審美歯科治療の紹介

詰め物

詰め物

小さな虫歯の場合、虫歯に侵された部分だけを削り取り、セラミックなどの素材でできた詰め物(インレー)で保護します。

被せ物

被せ物

大きな虫歯治療や根管治療では、セラミックなどの素材でできた被せ物(クラウン)で保護します。

ラミネートべニア

術前

術後

歯の表面を少しだけ削り、セラミック製の薄いシェルを貼り付ける方法です。歯を白くするほか、歯の形を部分的に整えたり、歯と歯の隙間を埋めたりすることができます。摩耗や変色がなく、数回の通院で治療が可能です。

素材ごとの特徴

セラミック 硬くて摩耗しないセラミックは、審美歯科で一般的に使用される美しい素材です。非金属で生体親和性に優れ、金属アレルギーの方でも安心してお使いいただけます。
ハイブリッドセラミック レジンとセラミックを混ぜ合わせた素材です。セラミックよりやわらかいので多少摩耗しますが、レジン(保険素材)よりも強度に優れ、天然歯に近い色合いにできます。

メインテナンスで快適さ長持ち!

メインテナンスで快適さ長持ち!

審美歯科治療で美しく機能的な歯を手に入れていただけたら、「その健康状態をできるだけ長く維持していただきたい」と私たちは考え、定期的なメインテナンスをご案内しております。定期的にプロのチェックを受け、長期間美しさと高い機能性を維持していきましょう。

症例紹介

症例1

術前

術後

術前

術後

歯を白くするホワイトニング

より美しい口元になるために

美しい口元を実現する方法として、歯科素材を使った審美歯科治療のほかに、ホワイトニングがあります。ホワイトニングとは、歯を削らずに白くする方法。体に害のない薬剤を使用して、歯自体を漂白して白く輝く歯を実現します。当医院では、歯肉についてもしみにくく、色ツヤもよくなる薬剤を採用しています。

ホワイトニングには歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と、ご自宅などのお好きな場所で行う「ホームホワイトニング」、これら2つを併用した「デュアルホワイトニング」があります。

【歯の着色の原因】

【歯の着色の原因】

歯が着色する原因は様々ですが、原因の多くは飲食物によるもの。赤ワインやコーヒー、紅茶、カレーなどの色素の強い飲食物を摂ることで歯は少しずつ着色してしまうのです。また、遺伝や加齢によっても着色することがあります。

ホワイトニングのメリット

  • 健康な歯を削る必要がない
  • 何度でも施術可能
  • セラミックの被せ物などの審美歯科治療と比べ費用が抑えられる
  • 色調や明るさを調節できる

当医院のホワイトニング

  オフィス ホーム デュアル
施術場所 歯科医院 ご自宅などのお好きな場所 歯科医院+お好きな場所
方法 専用の薬剤を歯に塗布し、特殊な光を当てる 患者様用に作製されたマウスピースに薬剤を注入し、一定時間装着 オフィスとホームの施術を組み合わせる
所要時間
(期間)
約1時間(1回) 2週間~1ヶ月期間
※薬剤1本を約1週間で使用
 
効果 1回の施術で効果が得られるが、後戻りしやすく効果が長続きしない 効果を得るまでに時間がかかるが、1回効果があらわれたら後戻りしにくく、効果を長期間維持できる オフィスホワイトニングによって1回の施術で効果が得られ、ホームホワイトニングによって効果を持続できる
こんな方に
おすすめ!
早く白くしたい方 白さを自身で調整したい方、ゆっくり時間をかけて白くしたい方 オフィスとホームのメリットを同時に得たい方

上記からもわかるように、デュアルホワイトニングは2つのホワイトニングのよいところを兼ね備えた理想的な方法であるといえるでしょう。詳細はお気軽にお問い合わせください。

新大手町ビル歯科医院の矯正歯科

歯並びの重要性

歯並びの重要性

歯並びの乱れは外観上だけでなく体にも悪影響を及ぼすことがあります。虫歯・歯周病・口臭といった口腔内トラブルのほか、消化不良、頭痛、腰痛、肩こりなどの慢性疾患は歯並びと関係があるといわれているのです。そのため、乱れた歯並びを放っておかずに、早めに治療したほうがよいといえるでしょう。

矯正治療のメリット

1 審美性・機能性の回復

見た目のコンプレックスが解消され、笑顔に自信を取り戻すことができます。また、噛み合わせも整いしっかり噛めるようになります。

2 虫歯、歯周病、口臭の予防

歯のすみずみまで歯ブラシが行き届きます。プラークをしっかり除去し、口腔内がいつも清潔な状態に保たれるので、虫歯や歯周病、口臭の予防につながります。

3 肩こり、腰痛などの慢性疾患の改善

自然に体のバランスがとれるようになります。全身のさまざまな箇所にかかっていた負担がなくなり、肩こりや頭痛が改善します。

4 輪郭の改善

噛みやすいほうの顎で偏って噛んだり、顎をずらして噛んだりすることがなくなるため、輪郭が整います。

5 消化器系への負担軽減

食べ物がきちんと噛めるようになり、消化吸収がよくなるため消化器系への負担が軽減されます。

6 発音の改善

歯並びや噛み合わせの悪さからくる発音の不明瞭さがなくなり、発音しやすく、明瞭になります。

矯正治療が必要な歯並びの例

叢生(そうせい)

叢生(そうせい)
上下の歯が傾き、でこぼこに生えた状態。八重歯も叢生の一種です。

上顎前突

上顎前突
上顎の前歯もしくは上顎の歯列全体が前に突き出ている状態。

反対咬合(下顎前突)

反対咬合(下顎前突)
下の歯列もしくは下顎全体が上の歯列や上顎よりも前に突き出ている状態。

上下顎前突

上下顎前突
上顎前突と下顎前突の両方が同時に起き、歯列が上下ともに前に出ている状態。唇が閉じにくくなり、歯が折れたり唇が切れたりすることがあります。

過蓋(かがい)咬合

過蓋(かがい)咬合
噛み合わせが深すぎて、上の歯が下の歯に覆い被さっている状態。摩擦が強くなり、歯の表面がすり減ってしまいます。

開咬

開咬
噛み合わせた状態でも、上下の前歯で隙間ができている状態。発音や噛むことに支障が出ます。

すきっ歯

すきっ歯
歯と歯の間の隙間が広すぎて、食べ物が挟まりやすくなります。

交叉(こうさ)咬合

交叉(こうさ)咬合
上下で噛み合うべき歯がずれて噛み合っている状態。奥歯の噛み合わせが反対になり、よく噛めません。

子どもの矯正と大人の矯正

「矯正治療は子どもの治療」とお考えではありませんか? 矯正治療は子どもだけのものではなく、大人になってからでもできます。

子どもの矯正と大人の矯正

子どもの矯正の場合、成長を利用しながら、抜歯をせずに矯正治療を行えます。すべての永久歯が正常に生えるための顎の骨格をつくりながら治療できるのです。また小さいころから治療を開始することで、全身の正しい成長を促すことができます。

子どもの矯正と大人の矯正

一方、大人の矯正の場合、顎の発育が完了しているため、顎のスペースが不十分だった場合、抜歯でスペースをつくりながら、並びきらなかった歯を動かします。ですが、大人の矯正は顎の成長がないため治療プランが立てやすく、集中して治療を進めることができます。

矯正装置の紹介

アソアライナー

透明なマウスピース型の矯正装置です。目標とする誘導位置へ少しずつ歯を移動させた型のアソアライナーを随時(移動状況を見ながら)作製し、それを定期的に着け替えることで理想的な歯並びへ近付けます。装着中に目立たず、取り外しが可能なので食事やブラッシング時のジャマになりません。

床矯正

成長期である子どもの矯正に最適な装置です。入れ歯に似た形状で、取り外しが可能。抜歯を行わず、一人ひとりの成長に合わせた自然に治療が行えます。顎を正常な大きさに拡大しながら、歯を本来の位置に移動し、噛み合わせを整えることで口腔の機能を向上します。

ワイヤー矯正

大人の矯正に用いる装置で、取り外すことができません。お手入れに手間はかかりますが、ワイヤーで力をコントロールするため、複雑な噛み合わせでも正常に整えることができます。

【非抜歯矯正を行っています】

【非抜歯矯正を行っています】

歯列が乱れる原因の一つには“歯がきれいに並ぶためのスペース不足”があり、大人の矯正の場合、一般的にはスペースを確保するために抜歯を行います。しかし、それぞれの歯には大事な役割があり、抜歯によって全身のバランスが崩れるおそれがあります。

当医院では、歯を抜くことなく、歯列を本来の大きさに戻すことにより綺麗な歯並びに整える矯正治療を行っております。抜歯矯正と比較した場合、痛みがほとんどなく、費用は約3分の1~半分程度に抑えられ、治療期間も短縮されるというメリットがあります。

矯正治療中のメインテナンスについて

床装置のお手入れ

装置に付着した汚れや細菌から口腔内トラブルを引き起こすことがないよう、食後は必ずブラッシングしてお口の中を清潔にしてから、お手入れ済みのきれいな床装置を装着する必要があります。

ポイント1

床装置は、ネジ・床・ワイヤーでつくられており、お手入れするときには専用の歯ブラシを1本用意しましょう。

ポイント2

装置を水洗い・ブラッシングする際、ハミガキ粉は絶対につけないよう注意してください。研磨剤の顆粒がネジに入って壊れるおそれがあります。

【手順】

【手順】

一番汚れやすいネジからブラッシングします。ここに汚れがたまると固まり動かなくなって修理が必要となるので、ネジの内部までしっかり歯ブラシの毛先を入れてください。細菌が付きやすい床とワイヤーはとてもデリケートなので、やさしく丁寧に。また、開いてきた装置の側面にもきちんとブラッシングし、清潔にしましょう。

なお、定期的に市販の部分入れ歯用洗浄剤を使い、除菌を行いましょう。装置を通常のブラッシングでお手入れした後、説明書に従って洗浄液に浸します。床装置の頑固な汚れやぬめり、においを取り除き、清潔に保ちます。

ワイヤー矯正中の正しいブラッシング方法

歯に固定された小さな装置(ブラケット)やワイヤーに食べかすがたまり、虫歯になりやすい状態になります。そのため、ワイヤー矯正中は特に念入りなケアが必要となります。

ポイント1

ヘッドの小さい歯ブラシのほかに、補助用具として歯間ブラシとワンタフト(単毛束のコンパクトなブラシ)を用意しましょう。

ポイント2

歯ブラシの毛先をワイヤーの下にもぐり込ませるようにやさしく丁寧に動かしましょう。特にワイヤーやブラケット、ゴム、歯と歯ぐきの境目や歯と歯の間は汚れやすいところなので注意しましょう。

【手順】

【手順】

1.歯ブラシの毛先を装置の斜め下から小刻みに動かす
2.さらに装置の上から垂直にみがく
3.装置の斜め上からみがく
4.装置と歯ぐきの間をブラッシング
5.歯と歯の間をみがく
6.ワンタフトで歯と歯の間を斜め下、斜め上からそれぞれみがく
7.歯間ブラシでワイヤーの下をみがく

症例紹介

症例1

術前

術前

術前

術前

術後

術後

術後

術後

症例2

術前

術前

術前

術前

術後

術後

術後

術後

症例3

術前

術前

術前

術前

術後

術後

術後

術後