歯周病治療

新大手町ビル歯科医院の歯周病治療

もしかして私も歯周病?

もしかして私も歯周病?

プラークに潜む歯周病菌が歯ぐきや顎の骨などの歯周組織を静かに侵していく歯周病。日本の成人の約8割が歯周病、もしくはその予備軍だといわれています。歯周病は、初期には痛みなどの自覚症状がほとんど感じられないまま進行し、治療せずに放置すると歯を失うおそれがある怖い病気です。定期検診を習慣付け、歯周病予防・早期発見・早期治療を心がけましょう。

こんな症状ありませんか?

1 歯ぐきから出血する

歯周病の代表的な症状で、歯ぐきに炎症が起きているというサイン。歯ぐきの毛細血管が歯周病菌に侵されると、ブラッシングや硬い物を噛むなどの強い力が加わったときに炎症部分から出血します。

2 口臭がある

口臭の原因すべてが歯周病だと特定はできませんが、歯周病菌が繁殖することで強烈なにおいを発します。きちんとブラッシングしているのに、お口のにおいが気になるという方は歯科医院で原因を確認しましょう。

3 口の中がネバネバする

朝など起床直後は、口の中がネバネバして気持ち悪く感じられることがあります。これは、唾液中の歯周病菌が多くなっている証拠です。

4 歯ぐきの腫れ・変色

歯ぐきの腫れは歯周病の特徴的な症状です。健康なときはきれいなピンク色の歯ぐきは症状が進むにつれて赤色になり、やがて色素が濃くなって赤紫色に変色します。

5 歯ぐきから膿(うみ)が出る

歯ぐきの出血から症状がさらに進むと、膿がたまって痛むようになります。歯周病を完治させない限り、膿はたまり続けます。

6 痛み、ムズがゆさがある

歯を支えている顎の骨が侵されると、硬い物を噛んだときに衝撃で歯を支えられなくなるため痛みを感じます。また、歯ぐきがムズがゆく感じることがあります。

7 歯がぐらつく

悪化すると骨や歯根膜が溶け、歯がぐらぐらします。指で触れたときにぐらぐらする場合、かなり進行している可能性が高いです。

8 歯ぐきが下がってきた

歯周組織が歯周病菌に侵されると、歯ぐきが後退して下がります。鏡で歯と歯ぐきをチェックしたとき、「歯が長くなった」と感じたら要注意です。

9 食べ物が歯の隙間に挟まりやすくなった

歯周組織へのダメージが進むと歯と歯の隙間が大きくなり、食べ物が挟まりやすくなります。

新大手町ビル歯科の歯周病治療

歯周内科

歯周内科

現在、一般的な歯周病治療では、クリーニングによるプラーク除去や外科的な処置が主に行われています。しかし従来の方法では、患者様が完璧にブラッシングができるという厳しい条件のもとで歯科医師が専門的な治療を行わないと、よい結果が生まれませんでした。当医院では、顕微鏡で歯周病の原因菌を特定し、薬でその菌を退治する「歯周内科」という最新式の治療法を取り入れております。

歯周病菌を顕微鏡で確認

歯周病菌が治療によって減少していることが分かります。

【歯周内科における治療法】

1 位相差顕微鏡で歯周病の原因菌を確認
顕微鏡検査で過剰なカビ菌や歯周病菌の有無を調べ、症状を正確に把握します。

2 細菌の除去薬剤の内服
位相差顕微鏡で確認した菌に有効な除去薬剤を選択し、患者様に内服していただきます。

3 カビ除去薬剤あるいはカビとり歯みがき剤によるクリーニング
専用の器具と薬剤、歯みがき剤を用いてクリーニングします。

4 除菌後の歯石取り
原因菌の除去が確認できたら、スケーリングとルートプレーニングを行います。

5 メインテナンス
口腔内の細菌は、約3ヶ月で成熟したバイオフィルム(菌の塊)を形成するため、1~3ヶ月ごとにメインテナンスを行います。顕微鏡検査の後、PMTCとレーザー除菌で原因菌やバイオフィルムを破壊し、口腔内の健康を維持します。

【感染経路】

【感染経路】

本来、人の口腔内には歯周病菌は存在しません。歯周病菌は人から人へうつされて口の中に入り、口腔内に定着して歯周病菌を引き起こします。回し飲みや回し食い、箸の使い回し、キス、くしゃみなど日常生活の身近なところに感染経路があり、特に危険なのは性感染です。歯周病の治療後、パートナーが感染経路となって再発することのないよう、パートナーの方と同時に歯周病治療を行うとよいでしょう。

【全身疾患との関係】

【全身疾患との関係】

歯周病は全身疾患に大きく関与しています。たとえば、歯周病の方が心臓病になる確率は歯周病になっていない方の約2~3倍。歯周病菌によってわずかでも歯周組織で出血を起こすと、そこから血管に菌が入り、心臓で炎症を引き起こすからです。心臓病のほか、食道がん、糖尿病、早産、高血圧などが歯周病と関係があるといわれています。

【再発を予防するには】

【再発を予防するには】

カビ菌は、お口の中に必ず存在する菌です。ですが、増え過ぎると歯ぐきが腫れ歯周病菌の温床となり、やがて歯周病に再感染しやすくなります。再発を予防するには、メインテナンスが有効です。顕微鏡検査でカビ菌と歯周病菌の状態を確認し、専用器具でクリーニングすることで口腔内の菌をきちんとコントロールしましょう。

スケーリング

「スケーラー」という専用器具で頑固な歯石を取り除く処置です。スケーリング後、歯と歯の隙間や歯の長さが気になることがありますが、本来の状態に戻っただけですのでご安心ください。

ルートプレーニング

スケーリング後、歯根面に潜んだ歯石を取り除きつつ、歯の表面を滑らかに仕上げて汚れや細菌が再び付きにくくする処置です。